2013年11月10日日曜日

東京の不動産なら賃貸より購入

東京の不動産なら賃貸より購入とはを言い換えれば、東京の不動産は賃貸で借りるよりも、購入して賃貸で貸す方が儲かるという意味です。
東京の不動産を購入すれば、賃貸で貸して儲ける楽しみがあります。
東京の不動産なら賃貸で借りて、又貸ししても儲かりますが、賃貸で借りて又貸しするより、購入して直接賃貸で貸した方が儲かります。
だいいち、東京の不動産を賃貸で借りて又貸しした場合、又貸しした相手が賃料の家賃を支払わない場合には、たちまちか大元の大家さんへ家賃が支払えなくなります。
東京の不動産なら賃貸より購入とはには、もう一つ大きな意味があります。
東京の不動産を購入して賃貸で貸す方は、家賃が入って来るのを、じっと待っていれば良いのですが、東京の不動産を賃貸で借りた方は、家賃を支払うために働き続けなければいけません。
ただ、最近の出世話の登場人物には、家賃が入るのをじっと待っている大家さんの話は皆無で、高い家賃を支払いながら、歯を食いしばって儲かる仕事をやり続けた苦労人の話が多いようですね。
儲かる仕事さえあれば、東京の不動産の賃貸で一儲けも夢ではありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿